2012年03月15日

使徒ども、襲来

池田です。

先日、我が家にて楽しい宴がありました。
「どんなロフトプラスワン出張版イベントだよ!」
とツッコミを入れたくなる会。
ツイッター上での流れから企画された一夜。
メンツはこんな方々(池田的解説。クレーム却下!)。
集合.jpg

緒方恵美アニキ。
言わずもがな、漢8段、銀河にほえる司令だったり、
エヴァンゲリオン初号機パイロットだったり、バラの鞭をふりまわしてたり、
ワールドをシェイキングしたりする猛者。
下ネタばっかの大尊敬してる先輩です(爆)。

飛び入り参加の福井ゆかりん。
打ち上げ会とか前田登さんのライブではご一緒した事は何度かあるのですが、
がっつりと卓を囲んでワイワイするのは初めて。
お心遣い嬉しかったし、女子力もUPしたし、
いつも通りのペースで進むおしゃべりが場をなごませてくれました(温♪)。

しのざきあきら君。
先日のブログでも書きましたが旧知の仲。
数年前に緒方のアニキとを紹介してくれたのも彼です。
いつも地元のお土産を食べきれないくらい頂きます(感謝)。
ニコニコ顔で背高のっぽでボケ担当?の愛すべき友達。

R藤本君。
ベジータ芸人の王子。僕が大ファンのお笑い芸人さんです。
でもサイヤ人の戦闘服着て髪の毛を逆立ててないと誰だかわからん(笑)
実際、道ですれ違ってもわからない。
彼のストイックさとエンタメ精神が大好きでいつも見習ってます。

古橋佳那さん。
古い仲だけどこっちの業界ではニューフェイス。
彼女も見た目に似合わぬストイックなメンタルを持っています。
今回の宴では、手際よく料理を手伝ってくれて感謝感謝。
早く仕事で一緒になりたいです。

やまけん。
ただのデブ。見た目はデブ。特徴はデブ。
大事な事だから3回言ったけど、もう1回言ってもただのデブ。
なんか褒め言葉を考えたけど、まぁ、ただのデブしかなかった。

内容は9割以上書けないので割愛。
僕は台所にいる時間が長くて全部は把握していないけど、
すっげー体力(腹筋力)消費しました。

次回はアニキ宅予定らしい。体力を温存しておかないとな・・・
posted by エンカレッジフィルムズ at 06:26| Comment(2) | 日記

2012年03月13日

イベント内容発表

池田です。

お待たせ致しました!今年一発目のイベント『池Pプレゼンツ Vol.15』。
ようやく発表できます。
ホントは日付が変わる前にUPしたかったのですが数分遅れてしまった(無念)。

タイトルは
『池Pプレゼンツ Vol.15 アニメ講義5時限目 〜監督って何するの?〜』。 
春のエンカレイベントはやっぱりこれだよね。
ここ数回、内容で「遊びすぎちゃった?」気がするので、
1年ぶりに真剣トークしてみようかと思います。
ガッツリ講義を行いますよ。
時間半分くらいだけは(笑)。
真面目な話と笑顔の2つ両方、ちゃんと伝えられるように頑張ります。
ご期待ください!

【出演者】佐藤順一
     追崎史敏
     他、ゲストは随時更新。某監督さんと某役者さんと某○○に交渉中。
     近日中発表。
【日時】4月15日(日曜) 開場12:00 開演13:00 
【場所】新宿ロフトプラスワン予定
【料金】前売り2500円/当日3000円
【チケット発売】日時、購入方法は間もなく発表。大体決まっているのですが、  
        ちょっとだけ時間をください。申し訳ありません。

まだ頭の中にボンヤリとしかイメージはないのだけど、
そこら辺はいつも通りだからね。

よろしくお願いします♪
posted by エンカレッジフィルムズ at 00:09| Comment(2) | 日記

2012年03月12日

4月イベント『池Pプレゼンツ Vol.15』

池田です。

遅くなってしまいスイマセン、4月に恒例のイベントをやらせてもらいます。
春夏秋冬、年4回を自分ノルマにしているトークライブ。
15回目だけど何も変わらないけどね♪
内容の詳細は後日に追記となりますが、今日中に日時、場所だけでもここで発表します。

いつもながらギリギリでヒヤヒヤで申し訳ありません。
だけど「損だけはさせないぜ!」と大見得切っておきましょう(^^;
よろしくお願いします。
posted by エンカレッジフィルムズ at 14:35| Comment(0) | 日記

2012年03月11日

タワーブリッジ

池田です。

先日のブログで部屋を一掃して玩具も全部倉庫行きと書きましたが、
唯一、我が家の『守護神』としてフィギュアを一体だけ玄関に君臨させてもらってます。
正確には2回+αほど亡くなっていていますが、まだご存命でおられるので
「神」とか「祀る」という言葉は妥当ではない。
『門番』とします。

その名も英国が生んだ仮面の貴公子・ロビンマスク様!!
頼もしい限りです。
ろびん.JPG
しかし・・・

・喧嘩男(ケンカマン)の老婆心による不戦勝でトーナメント優勝を出来た
 にも関わらず、チャンピオンづらして意気揚々としていたロビン様。
・素顔はアラン・ドロンに似ているらしいロビン様。
・婚約者を捨ててまで鬼と化し再起したのに、昭和のプロレスらしい乱入劇で
 試合をぶち壊されたロビン様。
・正義超人軍のトップに思われがちだけど、実際はジャンクマン戦と
 マリポーサ戦くらいしか白星がないロビン様。
・正義超人軍のリーダーに思われがちだけど
 かなりの高確率で無残な演出を引き受けてくれたロビン様。
・出し惜しみし温存しておいた必殺技をあっさりパクられるロビン様。
・マスクマンにあるまじき失態(素面)を繰り返すロビン様。
・あんなにもあからさまにピックアップして描写されている額の傷に
 誰からもノータッチスルーされてるロビン様。
・白覆面は「他に何もなかったの?」って心配したくなるロビン様。
・モップをちぎってカツラにしないと弟子から師匠と認識してもらえないロビン様。
・最期は面も鎧を残し美しく・・・でもしっかりパンツは履いて散ったロビン様。
・しかも未練たらしくサポーターとブーツも残さず散ったロビン様。

しかし!!!!
最強のナンバー2というチャンピオンベルトを腰に巻いてます(注:池田的に)。
数いる超人、
数ある名勝負、
数ある名シーンの中で最も印象(こころ)にその勇姿を残したであろう
ロビンマスクという正義超人を心の底からリスペクトしています。
僕はあなたの出身地、イギリスに行った事はありませんが、
アメリカのアリゾナ州にある「あの場所」、グランドキャニオンには何度か行きました。
尊敬の念を持って20年以上前から特別な場所です。

昨今ブームの聖地巡礼ですが、僕、時代先取しちゃってるでしょ?(^^)
posted by エンカレッジフィルムズ at 08:42| Comment(3) | 日記

2012年03月10日

一向聴(いーしゃんてん)

池田です。

マジで?
もう40歳目前ですよ?
3月10日で38歳になってしまいやがったぞ?
一向聴です。あと1枚で聴牌です。

みんな知ってたか?
40っていうヤツの存在は噂には聞いていたけど、
アイツ、マジでいるらしいぞ。知ってた?
アイツ、かなり手強くて高〜い壁らしいぞ。知ってた??
しかもな、あまり笑い話に出来ないブラックな罰ゲームが
いっぱいオプションで付いてくるらしいぞ。知らなく良いよな?

そんな強敵が僕の心の扉をノックしてきた時に一緒に過ごしてくれたのは
サトジュン監督と追崎の2人だけ・・・
いや、それはそれでベストな2人と過ごせたので嬉しいのだが色気のない(苦笑)。

で、現実を見る。
自分はもう40手前というビックリする現実。
自分の父親が38歳の時って自分は小学3年年生くらいなのかな?
それくらいの時って父親と何をしていただろうかと考えたら、
真っ先に思い浮かんだ記憶は空き地でのキャッチボール。
ちょうど少年野球をはじめたんだけど、根っからの運動音痴でダメダメ。
ずっとピッチャーやってた父親に球の握り方から教えてもらってた頃です。
僕もてっきりその年齢になったら自分の息子とキャッチボールしてるんだろうなと
想像していたんだけど、現実は否なり。
まぁ、『情けないな』という気持ちと、『自業自得』という気持ちと、
『自分らしい生き方じゃないか』いう気持ちが交錯する今日です。

よく「子は父の背中を見て育つ」とか「父は越えられない」という言葉を聞きます。
言葉ではずっと前から解っていたつもりなんだけど、さすがに再々々くらい認識。
(しかし、ぶっちゃけ一番おっかないのは母親なのは内緒だ・・・
ボロ雑巾のようにフルボッコにされた記憶しか残ってな(以下略))。
何か1回くらい親孝行しとかないと、あっちに逝ってからもボコられる(苦笑)

ま、長男的には妹が孫をつくってくれたので、ちょっと気が楽になったのも内緒だ(苦笑)。
posted by エンカレッジフィルムズ at 14:21| Comment(0) | 日記

2012年03月09日

世界のまん中

池田です。

気がついたら3月になっていたので部屋を大掃除しました。
春は門出の季節なので心機一転と思い文字通り「一掃」してやりました。
お風呂場もピカピカ真っ白♪
キッチンも自分にしか解らない細かい配列で効率アップ♪

そして何より自分の部屋から何もなくなりました!
正確には本や現具、家具まで一切合財を隣の部屋(倉庫)に。
部屋はベッドひとつ。
壁の真ん中に張られた1枚のLPレコード(ブルーハーツの1stアルバム)のみ。
BH.JPG
趣味で飾った部屋は目の保養にもなって気持ち良いのですが、
逆にここまで潔く何もないと開き直りすぎてて笑えるくらい快適。

ドラゴンボールの「精神と時の部屋」の一歩手前。
綾波レイの部屋より質素(さすがにコンクリート打ちぱなしの壁じゃないけど)。
弊社の追崎曰く「狙撃手(スナイパー)の部屋」。

こいつはちょっとオススメですよ。
視界に何も誘惑がないという空間は思っていた以上に快適です。

posted by エンカレッジフィルムズ at 05:46| Comment(3) | 日記

2012年03月08日

しのざきあきら君

池田です。

久しぶりに絵描きの「しのざきあきら」君が我が家に遊びに来てくれました。
もう10数年のお付き合いですね。
お互い食べるのにすら必死だった貧乏時代に、ひとつのキッカケで意気投合して
今日まで仲良くしてもらっています。
どんなに忙しい時でも、相談するといつも無理を聞いて協力してくれました。
ま、今回もそんな流れなんですが仕事はさておき「ご飯でも」って事で。

ちょっと相談というか「僕の遊びに付き合ってくれないかい?」という
話だったのでガッツリと手料理でおもてなし。
お口にあったようで何よりでした♪
「僕の遊び」に関しては考える余地もなく即答OKを頂いたので
あとは旧知の友(窮地を共にしてきた戦友)との宴を延々と。
光陰矢の如くとはまさにこの事というくらい。あっという間に深夜でした(苦笑)

はてさてこの「遊び」、実現するのか?
実現してもニーズはあるのか?
実現しても1銭にもならないよ?
でも、面白ければそれで良いでしょ(^^)
だって「やってみたいだけ」で三鷹くんだりまで呼び出して
彼は、その「くだらなさ」にOKしたんだもん。
自己責任です(笑)

いくつになっても見かけはオットリなのに熱いハートを持った
愛すべきクルクルパーはオッサンでした(褒め言葉)。

posted by エンカレッジフィルムズ at 12:12| Comment(2) | 日記

2012年02月24日

ふんだりけったり

池田です。

雨に濡れた階段ですってんコロリン。
右足を強打しヒビが入った模様。
寝返りすらうてません。

あまりの衝撃にコンタクトレンズが吹っ飛び紛失。
給料前に手痛い失費。

おまけに遂に僕のところにも悪魔のお迎え。
痛風発症。
噂に違わぬ激痛が貫きます。
歩行とかいう次元じゃないや・・・orz

posted by エンカレッジフィルムズ at 06:07| Comment(0) | 日記

2012年02月14日

入浴2

池田です。

今回は入浴剤について書いてみようと思います。
といってもデビュー2ヶ月のビギナーの感想です。しかし、そのたかが2ヶ月が
僕の私生活を大きく変えてくれたことは間違いなく、今では心の友です。

奴等は大きく分けて2つに分類されます。
『固形か粉末か』。僕は断然に固形派です。彼らの一生に愛着を感じせざるを得ない。
粉末はあまりにも生き方が刹那的過ぎて感情移入が難しいんです。
その点、固形の生き方にドラマチックな、短いながらも2に人しか
分からない会話が成立します。この件についてはあとで書きます。
その前にちょっと話が脱線しますが、僕がアラフォーになるまで
食わず嫌いで入浴剤を敬遠していたのには理由があります。
そもそも入浴剤には効能、香り、色など各々個性がありますが、
ぶっちゃけ、胡散臭さや突っ込みどころ満載じゃないですか?
例えば『ひのきの香り』と言われても、普段の生活でその香りを明確に記憶していない。
『森の香り』と言われても、
「ああ、やっぱ森の香りはこうでなくちゃね」
と絶対思わない。そのくせお湯は鮮やかなエメラルドグリーンだったりして
『色、どうする?』
『森って言っちゃたから緑にしとけばいいんじゃね?』
『あ、なんか葉っぱっぽくなった。森だよ、これ』
という開発者達の会話しか思いつかない。
『バラの香り』ひとつをとっても何種類あるんだろう?

話を固形との会話にもどします。
いろいろ試しましたが僕はやっぱり「花王のバブ最強説」を唱えます。
あの炭酸の威力は素晴らしい。
粉末ではなく固形というのが遊び心と想像力を掻き立ててくれます。
濡れた手で開封した瞬間からジンワリと反応し始め、
ちょっとだけ湯船につけると遠慮がちにシュワシュワしはじめ、
それをお湯から引き上げると
「えーーー、もう終わり〜!?早くジュバーーー!
 ジュババババー!!ってなりたいよ!」
というバブの声が聞こえてきます。
3度そのジラしプレイを繰り返してから
「仕方ないな〜」
とニヤニヤしながら湯船にドボン。水を得た魚ならぬ、お湯を得たバブは
何かにとりつかれたかのように暴れまくります。おてんばな小娘め!
その段階で慈悲なく一瞬で握り砕いても良いのですが、それはあまりにも可愛そう。
最後の一粒が藻屑となるまで見届けてあげましょう。
残りわずかとなった本体は水面に浮いてきて力なく漂流。
分裂した一片一片にそれぞれのドラマがあります。
運悪く浴槽のへりに座礁して本来の責務を果たせぬもの。
そんな戦友の屍を超えて沈没していく本体。
それを僕は敬礼で見届ける。
バブは最後にドーナッツ状になるので下からやさしく指の先を差し込むのも良いです。
2人にしかわからないエンゲージリングのようでロマンスです。

・・・はぁ。こんな事してるからのぼせるんだよ>自分
posted by エンカレッジフィルムズ at 11:31| Comment(0) | 日記

2012年02月11日

入浴

池田です。

ツイッターでもつぶやきましたが、先日風呂で溺れました。
寝てしまったんですね。
ブクブクブクブク・・・頭の中はスローモーションの走馬灯。

僕はこの20年くらいほとんど湯船につかるという習慣がありませんでした。
まさにカラスの行水。
ですが、ひょんなことで知人から頂いた入浴剤を使ってみたら、見事にハマって
しまいまして、今年に入って毎日2回は浴槽でノンビリとしていますが気持ち良
すぎて長風呂からの惨事になるとこでしたよ。
完全に冷め切った大量の水を口と鼻からゲーゲー吐き出しました。
なにより、よりによってこの極寒の今冬に水風呂で意識失ってんのよ。
柑橘くだもの系の、しかも強力な入浴剤だったので鼻の粘膜はヤラれまくりだし、
身体は何かが憑依したかのように、寒さも重なり指の先まで痙攣状態。
当然まともに立てもしない。当然、真っ裸。
目覚めたと同時に再び薄れ行く意識。
まさに阿鼻叫喚の地獄絵図……

みんな、覚えておこう!
甘い香りは死へのいざない。
ぬくもりは死神の抱擁。
快楽のしらべは孤独の子守唄。

簡単に言うと・・・『風呂では寝るな!』ってことだ!!
天国と地獄は紙一重だぞ♪(てへ)

さ、今朝も寒いのでちょっと風呂入ってくる。
このブログが遺書になりませんように(おい)

つづく??????

posted by エンカレッジフィルムズ at 09:50| Comment(2) | 日記